このエントリーをはてなブックマークに追加

Aug

27

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ

Organizing : 国土交通省

Registration info

参加者

Free

FCFS
37/37

成果発表オンライン視聴(28日17時開始)

Free

FCFS
23/50

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

はじめに

あなたのアイデアが新しい世界を創る!

Project PLATEAU (プラトー)は2020年度にスタートした国土交通省のプロジェクトです。人間中心の社会の実現に向け、スマートシティをはじめとしたまちづくりのデジタル・トランスフォーメーションを進めるため、その基盤となる3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を推進しています。プロジェクト始動からおよそ2年経とうとする現在、3D都市モデルの活用は、個人・企業・自治体など、多様なプレイヤー・分野へと広がりを見せています。進化を続ける3D都市モデルを活用した新しい機能・商品・サービスのアイデアやプロトタイピングを本イベントでは求めます。

2022年度PLATEAU各種イベントの最新情報は下記の特設サイト「PLATEAU NEXT」をご覧ください。

https://www.mlit.go.jp/plateau-next/

Hack Challengeとは

エンジニア、デザイナー、プランナー、マーケターなどが即席チームを作り、与えられたテーマ(今回はPLATEAU)に対し、それぞれの技術やアイデアを持ち寄り、2日間集中して新しい商品・サービス・システム・アプリケーションなどを開発し、成果を競うハッカソン・イベントです。

今年は、東京、福岡、仙台、呉で開催!

第1弾は、一般社団法人MAが主催するヒーローズ・リーグとコラボして、ファシリテータに同法人の伴野智樹さんを迎え、デジタルハリウッド大学にて開催! 

生まれた作品を仕上げて、ヒーローズ・リーグ2022、PLATEAU AWARD 2022に応募しよう!    

ヒーローズ・リーグとは

hl_logo.png

テクノロジーの発展とそのコモディティ化により、より多くのクリエイターが「ものをつくる」という行為に参加できるようになりました。

また、それはたくさんのものづくりの「共感者」も生み出しております。

誰でも表現者になる事ができ、誰かがそれに共感してくれる。 誰もがヒーローになれるコンテスト。

それがヒーローズ・リーグです。

君はだれかのヒーローかもしれません。 たくさんの開発者に、それぞれの称号を。ヒーローズ・リーグ。

ヒーローズ・リーグウェブサイト

https://heroes-league.net/     

コーチ/アドバイス

初日のアドバイスを担当されるコーチの紹介です(敬称略・順不同)

Oho1.png

於保 俊 株式会社ホロラボ ソフトウェアエンジニア

Web開発やUnityでのスマホゲーム開発など、様々な開発を幅広く経験。 独学でGISも利用しソフトウェア開発を行う。現在はXR分野の中でもARクラウドに興味があり、株式会社ホロラボにてARクラウドの実現に向けて挑戦中。前回の「東京23区から新しい世界を創るアイデアソン/ハッカソン」では、開発者として参加。その経験も活かしつつ、今回は参加者の皆さんのお役に立ちたいとのこと。

jona.png

常名 隆司 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 アセットストア担当

普段はハッカソンやゲームジャムの主催者をしていたり、主催者のお手伝いをしています 「こんなことを聞いても良いのかな?」などと気にせずに気楽な感じでどんどんご質問ください。「質問するのって緊張するな〜」という顔つきをしている方には、こちらから勝手にお声がけさせていただくことも多いですので、困ったらチラ見してください。

modeki.png

茂出木 謙太郎  株式会社キッズプレート 代表取締役 /デジタルハリウッド大学准教授

1998年通産省によるeコマース実験用ショッピングモールをVRで制作したのが最初のVR体験。2014年360度映像の撮影と編集、閲覧ソフトウェアの制作・コンテンツ制作を行い、アフリカ支援会議など海外での総務省による日本紹介に提供。2018年VRとARをつなぐコンテンツ「イグドラシル」を制作、SXSWで発表。360度カメラ用ドリーをドイツで開催されるCebitにて日本代表の一社として展示。文化庁採択の多言語事業にて、運慶作の仏像をVR空間で再現し、発願体験が可能なVRコンテンツをはじめとするWeb、アプリ、ARコンテンツをワンストップで提供。VRとリアルをつなぐということ、「メタバースで生きる」をテーマに大学の授業と自社コンテンツの開発を続け、NICECAMERAを発表し、2020年茨城デジタルソフトウェアコンテンツ大賞優秀賞を受賞。2021年異能ベーションジェネレーションアワードノミネート受賞。 大学では授業をメタバースとアバターでのみ行い、学生は素顔をほとんど知らない。

hoshino.png

星野 裕之 otuA Inc. ロボットデザイナー

世界でも珍しいほど数多くのリアルロボットをデザインしてきました。その特殊な過程で培ったジャンルや業種を超えた雑食的好奇心と実行力を核に、デジタルファブリケーション、デザインと設計とナラティブとアート、ブランディングとサービスデザインなどの多様な経験とスキルを用いて、未来をプロトタイピングしています。 ワンダーフェスティバル、ゲームマーケット、アルスエレクトロニカ、ハノーバーメッセ、ベネチアビエンナーレ出展。グッドデザイン、IFデザインアワード受賞。NEDO TCPプログラム採択。経産省ものづくり白書掲載など

Ishi1.png

石丸伸裕 OGC CityGML仕様策定WG 副議長

地理空間情報の国際標準化団体OGC(Open Geospatial Consortium)にて2004年のCityGML提案の場に偶然立ち合って以降、CityGML仕様策定WGの設立委員(2021年より副議長)、Moving Features仕様策定WGの共同議長を務める。現在はOGC個人会員として趣味で国際標準化活動を楽しむ。

YukiHomma 2.jpg

本間悠暉 株式会社MESON ディレクター

東京大学経済学部卒。 2018年よりMESON, incにてAR/VR技術を活用した体験の企画・研究活動にディレクターとして参画。2021年には国土交通省が主導する3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化プロジェクトPLATEAUのサービス実証調査にて「都市空間におけるAR/VRでのサイバー・フィジカル横断コミュニケーション」プロジェクトをリード。 本実証調査で構築した体験およびその調査結果が「SiggrapSIGGRAPH ASIA2021 XR」にて論文採択。 また、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻に在籍し、都市の記憶のアーカイブや、メディアを介した個人像に着想を得て、メディア表現 / 研究を行う。

takuyaabe01 2.jpg

阿部 琢哉 株式会社フロウプラトウ インターフェイスデザイナー

大学で建築設計を学ぶ。デザイン事務所、Web制作プロダクションを経て、デザインエンジニアとしてライゾマティクスに入社。2020年からフロウプラトウに転籍。 企業R&Dのサポートやサービス設計を中心にして、広告企画から、プロトタイプ検証、リリースプロダクトのインターフェイスデザインまでを担当。

審査員

2日目の審査を担当される審査員の紹介です(敬称略・順不同)。

内山1.png

内山裕弥 国土交通省 都市局 都市政策課 課長補佐

1989年東京都生まれ。首都大学東京、東京大学公共政策大学院で法哲学を学び、2013年に国土交通省へ入省。水管理・国土保全局、航空局、大臣秘書官補等を経て現職。

takesen.png

伊藤 武仙 (Takesen Ito) 株式会社ホロラボ Co-founder 取締役COO・建築情報学会 理事

2013年に技術コミュニティTMCN立ち上げ参加をきっかけにKinectなどセンサー技術やインタラクティブな体験に強い関心を持ち、同じ関心を持つたくさんの仲間に出会う。 2017年にはその仲間たちと共に、Microsoft HoloLensに代表されるMixed Reality等XR技術をテーマとしたホロラボを創業。最近は人と都市空間の関係をテーマに活動。

Takeuchi.png

竹内 一生 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 クリエイターアドボケイト(AEC)

建築で汎用的に活用され始めたBIM/CIMをxRを含めた先端テクノロジーと組み合わせた技術革新を起こすべく、研究・開発・実践を行っている。 建築を学ぶ全てのユーザーにUnityの可能性を伝えるべく伝道活動をしている。

Ishi1.png

石丸伸裕 OGC CityGML仕様策定WG 副議長

地理空間情報の国際標準化団体OGC(Open Geospatial Consortium)にて2004年のCityGML提案の場に偶然立ち合って以降、CityGML仕様策定WGの設立委員(2021年より副議長)、Moving Features仕様策定WGの共同議長を務める。現在はOGC個人会員として趣味で国際標準化活動を楽しむ。

PLATEAU AWARDとは

PLATEAU AWARDは、オープンデータである3D都市モデルのまだ見ぬ可能性を引き出すため、国土交通省が主催する3D都市モデルの開発コンテストです。 様々な領域のエンジニアやクリエイター、プランナーが自らの技術と3D都市モデルのデータを組み合わせ、新たな価値を生み出すことを期待しています。

PLATEAU AWARD 2022では、PLATEAUがオープンデータとして提供する3D都市モデルを活用した新たなアプリケーションやコンテンツ、エクスペリエンスを対象とします。

作品のタイプについても、PLATEAUが提供する3D都市モデルを利用したものであれば、ジャンルは問いません。

例えば、(1)商用サービスやエンターテインメント系のアプリ、(2)動画やゲームなどのコンテンツやアート作品、(3)都市開発などを目的としたシミュレーションや可視化ツールなどの政策活用ツール、(4)データ変換ソフトウェアなどの3D都市モデルの利便性を向上させるサポートツールなど、あらゆるタイプの作品が対象となります。

また、すでに事業化されているソフトウェアから、個人のアイデアやハッカソン等から生まれたプロトタイプまで、作品の熟度も問いません。

みなさまからのご応募をお待ちしております。

PLATEAU AWARD 2022 特設サイト

https://www.mlit.go.jp/plateau-next/award/        

PLATEAUとは

PLATEAUは、国土交通省が進めている、3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化のプロジェクトです。

PlaImage1.png

3D都市モデルとは、実世界(フィジカル空間)の都市を、仮想的な世界(サイバー空間)に再現した三次元の都市空間情報プラットフォームです。建物や道路等の都市空間に存在する様々なオブジェクトの三次元形状と、それらのオブジェクトの意味情報(建築物の名称や用途、建設年などの属性情報)をパッケージでデータ化することにより、都市空間そのものを再現するデジタルツインを実現できます。

PlaImage2.png

PLATEAUでは、全国の3D都市モデルを整備し、オープンデータとして公開することで、誰もが自由に都市のデータを活用し、防災、まちづくり、AR・VRなど様々な場面で活用できるようにしています。    

実際の活用事例など、詳細はPLATEAUウェブサイトをご覧ください。

https://www.mlit.go.jp/plateau/

3D都市モデルのデータをブラウザでプレビューができます

https://plateauview.jp/

3D都市モデルのデータについては、「G空間情報センター」でオープンデータ化されているCityGML形式、3DTiles形式、FBX形式等のデータが利用可能です。

https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/plateau   

参考資料: PLATEAU概要、ツール、過去のハッカソン作品例等をまとめた資料をご用意しましたのでご一読ください。

https://drive.google.com/file/d/1wzWzG-cCfXDFPvYAspnORpRrLfEM_W5O/view?usp=sharing       

こんな方におすすめ

年齢、性別、国籍等不問。個人・チーム(グループ)どちらでも応募可。チームの場合は、チームメンバー全員が申し込みしてください。また個人参加者同様に、イベント初日にアイデア1分ピッチをお願いします。投票の結果、採択されれば、チームで活動いただいても結構ですし、個人参加者からメンバーを補強いただいてもOKです。

  • 3D都市モデルを活用して社会課題を解決したい/新しい商品・サービスを創ってみたい方
  • 新しい事を始めたくてムズムズしてる方
  • 一歩踏み出そうとしている人に出会いたい方
  • アイデアから形になるまでを学びたい方、体験してみたい方
  • デザイナーやエンジニアでアイデアを形にするのが好きな方
  • ハッカソンが好きな方/試してみたい方   

事前準備

申し込み時に登録いただいたメールアドレスに、参加者用Slackワークスペースへの招待を連絡しますので、アクセスをお願いします。Slackを通じてイベント前中後の詳細案内を連絡させていただきます。   

タイムスケジュール(予定)

両日の参加が必須です。

【初日/8月27日(土)】

time content
09:30 会場オープン
10:00 オープニング/イベント進行説明
10:10 アイデアピッチ/投票/チームビルディング
11:00 HACK スタート(チーム毎)
12:00 お弁当
12:30 HACK 再開
15:30 コーチング/アドバイス
18:00 進捗確認
18:20 自由解散(チーム毎)
21:00 初日撤収

【2日目/8月28日(日)】

time content
09:15 会場オープン/HACK再開
16:30 プレゼン資料動作チェック
17:00 成果発表プレゼンテーション/デモ   
18:00 タッチ&トライ
18:30 表彰式/クロージング

プレイベント(ハンズオン)

PLATEAUでつくれるものを知りたいという人のために、8月5日19時からハンズオンをオンライン開催します。

PLATEAU Hands-on 01

https://asciistartup.connpass.com/event/252343/

賞典

  • グランプリ:3万円(商品券)

審査基準

前提:PLATEAU活用したプロトタイピング

  • 3D都市モデルの活用
  • アイデア
  • デザイン
  • 技術力    

API

下記のAPIについては、技術的サポートを受けることができます。

obniz

https://obniz.io

https://docs.obniz.io

obniz(オブナイズ)は電子回路が一体となったAPIです. APIで電子回路を操作することができます。 APIから電子回路を操作することがで,簡単に実世界の動きとソフトウェアを連携することができます。 たとえば,モーターをobnizに繋げばLineのメッセージで動き出すラジコンを作ることができたり,温度センサを繋げばいつでもAPI経由で部屋の温度を計測したりすることができます。

開催体制

主催:国土交通省

運営:角川アスキー総合研究所(ASCII STARTUP)

協力(順不同)

  • 一般社団法人MA
  • デジタルハリウッド大学
  • パノラマティクス
  • HMCN (Hiroshima MotionControl Network)

ご留意事項

  • 当日は運営による写真撮影やプレゼン録画などを行い、ASCIIならびに国土交通省の記事への活用を予定しております。
  • 成果発表会はYoutubeでライブ配信及びアーカイブ配信(それぞれ一般公開)いたします。顔出しができない方、その他、事情のある方は、カメラに映らないようにするなど配慮いたしますので、申し込み時にお知らせください。
  • イベント内容は変更になる場合があります。

よくある質問

疑問点がある場合は、下記リンクにてFAQをご確認ください。 それでも答えが見つからない場合は、右上にある「イベントへのお問い合わせ」からお問い合わせください。

https://bit.ly/33ZSr3F

PLATEAU Hack Challenge 2022 ハッカソン規約

「PLATEAU Hack Challenge 2022」(以下「ハッカソン」)は、国土交通省(以下「主催者」)が主催するハッカソンです。ハッカソンに参加して作品を発表する方(以下「参加者」といいます)は、以下の留意事項の内容を了解の上、応募してください。

<ハッカソン概要> 個人、またはグループ・団体からなる参加者は、テーマに沿った成果物を指定された方法にて作成します。成果物の中から、主催者及び審査員が、応募条件及び主催者の裁量で設定する審査基準に基づき選考の上、入賞作品を決定し、表彰します。

<権利帰属> 応募作品にかかる著作権その他の知的財産権は、参加者に帰属します。

<成果物について> ハッカソンで発表する成果物は未発表のものとしますが、すでに発表したものでも改良してあれば取り組み可能です。イベント後、Protopediaへのご登録ならびに、国土交通省が主催する3D都市モデルの開発コンテストPLATEAU AWARD 2022へのご応募をぜひお願いします。

Protopedia https://protopedia.net/

PLATEAU AWARD 2022 https://www.mlit.go.jp/plateau-next/award/

<応募について> (1)個人、グループでの参加が可能です。グループで応募する場合は参加者全員が、この規約を了解した上で代表者を定めて応募してください(グループには、学校、企業、各種団体を含みます)。 (2)応募者(グループの構成員を含む)が企業および団体に属する場合、所属団体とトラブルとならないよう、所属長等の理解を得た上で応募してください。 (3)応募者(グループの構成員を含む)が未成年である場合には、親権者の同意を得た上で応募してください。

<応募資格について> 参加者は、資格、参加方法、遵守事項等の条件について、あらかじめ確認の上応募してください。なお、参加者が以下の事項に該当すると主催者が判断した場合、主催者は参加者に予告なく、当該参加申込を無効とします。また入賞後であっても入賞等の取消をし、かつ賞金の返還等を求める場合があります。 (1)応募要領に認める参加資格を満たしていない場合 (2)応募内容に不備がある場合 (3)応募内容の不備に関する主催者からの通知に対して、応募期間内に返答がない場合 (4)成果物に関して応募者又は主催者に対し第三者から権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求があった場合 (5)成果物が本留意事項に記載の遵守事項又は応募要領に違反している場合 (6)その他主催者が参加者のハッカソン参加が不適切と判断する場合

<費用について> ハッカソンへの参加料は必要ありませんが、成果物作成に要する費用(ハッカソン全般に必要な機材費等を含む。)は参加者が負担するものとします。

<遵守事項> (1)ハッカソンでの成果物はすべてオリジナルかつ、他への使用許諾をしていないこと、またその交渉過程にない作品に限ります。参加者は、入賞の発表・表彰式が終了するまで、成果物が参加者のオリジナルかつ成果物にかかる一切の権利を有することを保証するものとします。 (2)参加者は、以下各号に該当するような作品を成果物としてハッカソンで発表してはならないものとします。なお、これらに該当する成果物が発表された場合、主催者は参加者の承諾を得ることなく、当該成果物を選考から除外します。 ①主催者、出題企業その他第三者の肖像権、パブリシティ権、著作権等の知的財産権その他の権利を侵害する又はその恐れのある作品 ②わいせつな表現・内容を含む作品 ③法令に違反する又はその恐れのある作品 ④公序良俗に反する表現・内容を含む作品又はその恐れのある作品 ⑤その他主催者が不適切と判断する作品 (3)成果物の全部又は一部の著作権その他の権利が第三者(原作者、著作者等を含み、これらに限定されない)に帰属する場合、参加者は成果物の発表に関して当該第三者から承諾を得てください。成果物に関して第三者からの権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求等の紛争が生じた場合には、参加者の責任と費用負担においてこれを処理し、主催者が被る損害を賠償していただきます。 なお、本ハッカソンで提供するデータについては、参加者のみにお渡しするものもございます。そのため、利用データは直接ダウンロードなどできる形にはせず、加工のうえ成果物にご反映ください。

<損害賠償> 参加者が本留意事項に反して主催者等に損害を与えた場合、損害賠償の責めを負う場合があります。

<公開> 主催者及び共催者、参加者、協力者は、成果物について、ハッカソンに関する告知、プロモーション、運営、成果報告、その他コンテストに関連する目的のために必要な範囲で、Webサイトおよび各種メディアへの掲載等、利用することができるものとします。また、主催者は、受賞作品について、受賞者の氏名を公表することができるものとします。参加者はこの利用及び利用について対価の請求はできません。

<責任> (1)ハッカソンへの参加は、参加者の自己責任でおこなうこととします。ハッカソンへ参加に関連して参加者が被った損害について、主催者及び共催者、協力者は、責任を負わないものとします。 (2)主催者及び共催者、協力者は、ネットワーク上のトラフィックの混雑、障害、コンピューターウィルス、電子的な送信エラー等による操作、伝送等の遅延、中断、障害等に関して責任を負いません。また、応募作品の窃盗、破壊、不正アクセス、改ざん、あるいはソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク等の障害、不具合等についても責任を負いません。これらの事態が発生し、また発生する恐れがある場合、主催者及び共催者、協力者は、コンテストを延期、変更、中止させることがあります。

<その他> 主催者は、ハッカソンの実施、内容、スケジュール等を予告なく改訂、追加又は変更することがあります。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

ASCII

ASCII published PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ.

06/24/2022 18:11

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ を公開しました!

Group

ASCII STARTUP

Number of events 14

Members 1453

Public

2022/08/27(Sat)

10:00
2022/08/28(Sun) 19:00

Please login to register

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2022/06/24(Fri) 18:00 〜
2022/08/24(Wed) 20:00

Location

デジタルハリウッド大学 駿河台ホール

東京都千代田区神田駿河台4-6

Organizer

Attendees(60)

ソウ

ソウ

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグに参加を申し込みました!

nicuo

nicuo

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグに参加を申し込みました!

sei11259779

sei11259779

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグに参加を申し込みました!

ufoo68

ufoo68

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ に参加を申し込みました!

Ryusuke_M

Ryusuke_M

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ に参加を申し込みました!

blue_islands

blue_islands

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ に参加を申し込みました!

Tsora1216

Tsora1216

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ に参加を申し込みました!

t-iwamoto1975

t-iwamoto1975

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ に参加を申し込みました!

MotoshiHorii

MotoshiHorii

I joined PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ!

aguroshou

aguroshou

PLATEAU Hack Challenge 2022 in ヒーローズ・リーグ に参加を申し込みました!

Attendees (60)

Canceled (3)