お知らせ 2024年9月1日よりconnpassサービスサイトへのスクレイピングを禁止とし、利用規約に禁止事項として明記します。
9月1日以降のconnpassの情報取得につきましては イベントサーチAPI の利用をご検討ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jun

15

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー

Organizing : 国土交通省

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー
Hashtag :#PLATEAU
Registration info

ハッカソン参加者

Free

FCFS
32/40

成果発表オンライン視聴参加

Free

FCFS
68/100

Attendees
Yukito-Ishimori
okmutk
Hayato Toyoda
Misola
JL
yusa-san
None
うめねる
くろにゃんこ
みのわ
View Attendee List
Start Date
2024/06/15(Sat) 09:50 ~ 
2024/06/16(Sun) 19:30 
Registration Period

2024/05/10(Fri) 10:00 〜
2024/06/16(Sun) 19:30まで

Location

オンライン

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキーとは

「PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー」は、PLATEAUを利用した「初めての開発」に挑戦する人に向けたオンラインハッカソンです。実際の雰囲気をお伝えするプレイベントや、ハッカソン当日のテクニカルサポート、メンタリングなど、ルーキーのみなさまに向けた各種サポートを用意しています。「興味はあるけど体験してない」「開発イベントに初参加する」ルーキーのみなさん、このイベントから初めてのPLATEAU活用にぜひチャレンジください。

6月3日(月)にプレイベントを実施

「ハッカソンって何?」「当日何をすればいいかわからない!」といった方向けに、6月3日(月)にプレイベントを実施いたしました。
PLATEAUを活用した開発について、過去のルーキーハッカソン参加者やPLATEAU AWARD受賞者などを交えつつ、技術要素や発想の仕方などをパネルトーク形式でご紹介!

下記URLにてアーカイブ動画公開しておりますのでぜひご参照ください。
URL:https://drive.google.com/file/d/1Wx1-yoHk_DEMsB9MbsaWs1lGk8bj2D_k/view?usp=sharing

あなたの挑戦がひらく新たな世界

これまで3D都市モデルに触れたことのない方やPLATEAUについて初めて知る方も大歓迎!
メンターからアドバイスをもらいながら挑戦可能なルーキー向けのオンラインハッカソンです。

日本全国の都市デジタルツインのオープンデータを使って、あなたのアイデアを形にしませんか?

地域をテーマにした作品や、ゲーム、AR/VR、アート、シミュレーションなど多彩な用途で自由にPLATEAUをハックしてください!

個人で参加して即席チームを作っても良し、仲間とチームで参加しても良し。
メンターがアイデアブラッシュアップと試作品作りのテクニカルアドバイスを行います。
優秀作品には、グランプリとして総額3万円分の賞金が進呈されます。

3D都市モデルとは

3D都市モデルの基礎知識については、PLATEAUウェブサイト上のLearningにて学ぶことができます。 https://www.mlit.go.jp/plateau/learning/?topic=plateau-3d-citymodel

3D都市モデルはPLATEAU VIEWを利用することでブラウザからプレビューできます。 https://www.mlit.go.jp/plateau/plateau-view-app/

3D都市モデルのデータは「G空間情報センター」から入手可能です。   https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/plateau

PLATEAU SDKを利用すれば3D都市モデルをUnityやUnreal Engineといったゲームエンジンで容易に扱うことが可能です。   https://www.mlit.go.jp/plateau/learning/?topic=used-in-plateau-sdk

PLATEAU Hack Challenge参考資料 https://drive.google.com/file/d/1Os0mICGAduMiKMIRBnY9QADp3xbVGA40/view?usp=sharing

こんな方におすすめ

年齢、性別等不問。個人・チーム(グループ)どちらでも応募可。 チームの場合は、チームメンバー全員が申し込みしてください。

  • PLATEAUを知っているけれどアイデアを具現化したことがない方
  • PLATEAUのハッカソンは敷居が高いと思っていた方
  • PLATEAUのデータを触ってみたい方
  • 3D都市モデルを活用して社会課題を解決したい/新しい商品・サービスを創ってみたい方
  • アイデアから形になるまでを学びたい方、体験してみたい方
  • デザイナーやエンジニアでアイデアを形にするのが好きな方
  • ハッカソンが好きな方/試してみたい方

事前準備

申し込み時に登録いただいたメールアドレスに、参加者用Discordへの招待を連絡しますので、アクセスをお願いします。Discordを通じてイベント前中後の詳細案内を連絡させていただきます。
また、イベント中のオンラインコミュニケーションツールとしてoViceを利用する予定ですが、こちらの準備は不要です。

タイムスケジュール

両日の参加が必須です。   

【初日/6月15日(土)】

time content
09:50 会場オープン
10:00 オープニング/主催者説明
10:10 アイスブレイク
10:25 PLATEAU説明(国交省)
10:40 進行
10:55 プレイベントおさらい
11:25 アイデア発想、チームビルディング
12:40 チームアイデアソン・ランチ
14:00 開発方針発表
14:30 テクニカルサポーター紹介・発表へのフィードバック
14:45 ハッカソン
19:00 中間共有
19:20 中間発表
19:30 初日解散

【2日目/6月16日(日)】

time content
09:30 会場オープン/HACK再開
10:10 オープニング
10:20 ハッカソン
13:00 発表エントリー締切、発表順番決定
16:00 成果発表
18:30 審査、交流時間
19:00 表彰、クロージング
19:30 解散

※詳細内容は変更の可能性がございますがご了承ください。

賞典

  • グランプリ:3万円(商品券)

審査基準

前提:PLATEAUを活用したプロトタイピング

  • 3D都市モデルの活用度
  • アイデア、独創性
  • 完成度

サポーター

初日のアドバイスを担当されるコーチの紹介です(敬称略・順不同)
※順次公開予定

鈴木 智貴 
株式会社シナスタジア

PLATEAUをゲームエンジンで扱うオープンソースツール、PLATEAU SDKの開発に従事。



久田 智之
株式会社アナザーブレイン 代表取締役/みんキャプ運営委員会 委員長

株式会社アナザーブレイン 代表取締役。インターネットを活用したさまざまなプロジェクトを企画・開発。小中学生を対象にしたプログラミング体験会の開催や、公立諏訪東京理科大学でデジタルツイン講座を担当するなど地域のデジタル人材育成にも取り組む。近年は生活シーンのさまざまを「3D化して3D地図(PLATEAU)に表現」する「みんキャプ(みんなでキャプチャー)」コミュニティ活動に注力している。



高橋 忍
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン 株式会社 シニア ソリューション エンジニア

2019年まで現在の日本マイクロソフトで主にテクニカルエバンジェリストとして開発技術の訴求に努める。2019年末より Unity Technologies Japan に参加し、現在はソリューションエンジニアとして xR関連技術をはじめUnity製品や技術の訴求のために製造業、建設業を中心とした産業分野で活動しています。



米田 将
HollowByte 代表

データ同士を組み合わせて新たな価値を生み出すエンジニア。PLATEAUではCityGMLの属性情報を利用したヴィジュアルと実用を兼ね備えたアプリ等を開発。 専門分野の画像処理、点群処理技術を背景にAR等の空間情報にも注力。



河野 円
imgee株式会社 代表取締役 サイバー南無南無 代表

「時空とココロをテクノロジアートでつなぐ」を実現するため様々なテクノロジーと映像表現の融合を目指す。特に、超高画質や多面ディスプレイ、都市3Dデータの利用を得意としており、SNS連動やVR、AR、NFT、脳波、脈拍などを利用したインタラクティブアートの制作も行っている。

審査員

2日目の審査を担当される審査員の紹介です(敬称略・順不同)。

遠藤 諭
株式会社角川アスキー総合研究所 主席研究員

株式会社角川アスキー総合研究所 主席研究員、『MITテクノロジーレビュー日本版』アドバイザー。プログラマを経て1985年に株式会社アスキー入社。月刊アスキー編集長、株式会社アスキー取締役などを経て、2013年より現職。「AMSCLS」(LHAで全面的に使われている)や「親指ぴゅん」(親指シフトキーボードエミュレーター)などフリーソフトウェアの作者。2018、2019年に日本基礎心理学会の「錯視・錯聴コンテスト」で2年連続入賞。その錯視を利用したアニメーションフローティングペンを作っている。著書に、『計算機屋かく戦えり』(アスキー)、『頭のいい人が変えた10の世界 NHK ITホワイトボックス』(共著、講談社)など。



伊藤 武仙
株式会社ホロラボ Co-founder 取締役COO

2013年に技術コミュニティTMCN立ち上げ参加をきっかけに3Dセンサー技術やインタラクティブな体験に強い関心を持ち、全国でたくさんのセンサーファンなGeekたちに出会う。2017年にそのなかまたちと共にXR技術をテーマとしたホロラボを創業し、XR技術の社会実装に挑戦する。Project PLATEAUでもXRまちづくりワークショップ企画運営など、最近は人と都市空間の関係をテーマに活動。建築情報学会理事。



椿 優里
国土交通省 都市局国際・デジタル政策課 国際・デジタル政策企画調整官

2016年国土交通省入省。総合政策局公共交通政策部、土地・建設産業局国際課、デジタル庁等を経て、2023年7月より現職。

事例紹介

オープンデータである3D都市モデルは、都市計画、防災対策、マーケティング・広告、イベント・ショッピング、観光、アート・コンテンツ制作、教育などさまざまな用途で役立てられます。 昨年度開催したハッカソンやコンテストでは、下記のような作品が生まれています。

【360°歩行映像のPLATEAUへの動的なプロジェクションと洪水可視化-Floodeau-への応用】
PLATEAUの3D都市モデルと街を歩いて撮影した360°映像を組み合わせることで3D空間情報と画像情報を統合したバーチャル空間の構築技術を開発。360°映像の各フレームに含まれる建物領域の抽出と、3D都市モデルとの位置合わせ・テクスチャ投影を自動処理することで、パノラマ画像を用いた3D空間を実現しています。



【スカイランナー 高層の冒険者】
PLATEAUで構築された世界を舞台にした3Dアクションゲーム。ステージとして広大な都市空間を構築し、プレイヤーはクライミングやパルクールのスキルを駆使して、都市の中で最も高い建物を目指します。各都市の名産などをゲームに取り入れ、独自の雰囲気や特性を味わいながらゲームを進行できます。



【Beat Running over the city】
運動のリズムに連動して音楽とVR映像のテンポが変わるランニングVRアプリを開発。VR空間の構築に3D都市モデルを使い、現実では不可能な「都市上空でのランニング」を体験することができます。


PLATEAUウェブサイトに過去のイベントの様子、開発されたコンテンツをイベントレポートとして掲載しています。3D都市モデルの活用イメージの参考として是非ご覧ください。
https://www.mlit.go.jp/plateau/journal/

PLATEAUとは

Project PLATEAUは、国土交通省が様々なプレイヤーと連携して推進する、3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化プロジェクトです。

3D都市モデルとは、実世界(フィジカル空間)の都市を、仮想的な世界(サイバー空間)に再現した三次元の都市空間情報プラットフォームです。建物や道路等の都市空間に存在する様々なオブジェクトの三次元形状と、それらのオブジェクトの意味情報(建築物の名称や用途、建設年などの属性情報)をパッケージでデータ化することにより、都市空間そのものを再現するデジタルツインを実現できます。

PLATEAU NEXT 2024とは

PLATEAU NEXTとは、PLATEAUの社会実装を加速させるための一連のコミュニティイベントです。2024年度は、アプリコンテスト、ライトニングトーク、ハッカソン、ハンズオン、ピッチイベントなどさまざまな切り口で開発者コミュニティにおける実装のきっかけ作りを進めていきます。様々な領域のエンジニアやクリエイター、プランナーが自らの技術と3D都市モデルのデータを組み合わせ、新たな価値を生み出すことを期待しています。

https://www.mlit.go.jp/plateau-next/

開催体制

主催:国土交通省
運営:角川アスキー総合研究所(ASCII STARTUP)
協力:一般社団法人MA

ご留意事項

  • 当日は運営による写真撮影やプレゼン録画などを行い、ASCIIならびに国土交通省の記事への活用を予定しております。
  • 成果発表会はYouTubeでライブ配信及びアーカイブ配信(それぞれ一般公開)いたします。顔出しができない方、その他、事情のある方は、カメラに映らないようにするなど配慮いたしますので、申し込み時にお知らせください。
  • イベント内容は変更になる場合があります。

よくある質問

疑問点がある場合は、下記リンクにてFAQをご確認ください。 それでも答えが見つからない場合は、右上にある「イベントへのお問い合わせ」からお問い合わせください。

FAQ
https://docs.google.com/document/d/1Pc4HRKhYXqqxYgc2ig11VtxbcEVHElIx7iIV3fRRSxY/edit?usp=sharing

PLATEAU Hack Challenge 2024 ハッカソン規約

「PLATEAU Hack Challenge 2024」(以下「ハッカソン」)は、国土交通省(以下「主催者」)が主催するハッカソンです。ハッカソンに参加して作品を発表する方(以下「参加者」といいます)は、以下の留意事項の内容を了解の上、応募してください。

<ハッカソン概要>
個人、またはグループ・団体からなる参加者は、テーマに沿った成果物を指定された方法にて作成します。成果物の中から、主催者及び審査員が、応募条件及び主催者の裁量で設定する審査基準に基づき選考の上、入賞作品を決定し、表彰します。

<権利帰属>
応募作品にかかる著作権その他の知的財産権は、参加者に帰属します。

<成果物について>
ハッカソンで発表する成果物は未発表のものとしますが、すでに発表したものでも改良してあれば取り組み可能です。イベント後、Protopediaへのご登録ならびに、国土交通省が主催する3D都市モデルの開発コンテスト「PLATEAU AWARD 2024」へのご応募をぜひお願いします。

Protopedia https://protopedia.net/

PLATEAU AWARD 2024(6月頃オープン予定)https://www.mlit.go.jp/plateau-next/award/

<応募について>
(1)個人、グループでの参加が可能です。グループで応募する場合は参加者全員が、この規約を了解した上で代表者を定めて応募してください(グループには、学校、企業、各種団体を含みます)。
(2)応募者(グループの構成員を含む)が企業および団体に属する場合、所属団体とトラブルとならないよう、所属長等の理解を得た上で応募してください。
(3)応募者(グループの構成員を含む)が未成年である場合には、親権者の同意を得た上で応募してください。

<応募資格について>
参加者は、参加方法、遵守事項等の条件について、あらかじめ確認の上応募してください。なお、参加者が以下の事項に該当すると主催者が判断した場合、主催者は参加者に予告なく、当該参加申込を無効とします。また入賞後であっても入賞等の取消をし、かつ賞金の返還等を求める場合があります。
(1)応募内容に不備がある場合
(2)応募内容の不備に関する主催者からの通知に対して、応募期間内に返答がない場合
(3)成果物に関して応募者又は主催者に対し第三者から権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求があった場合
(4)成果物が本留意事項に記載の遵守事項又は応募要領に違反している場合
(5)その他主催者が参加者のハッカソン参加が不適切と判断する場合

<費用について>
ハッカソンへの参加料は必要ありませんが、成果物作成に要する費用(ハッカソン全般に必要な機材費等を含む。)は参加者が負担するものとします。

<遵守事項>
(1)ハッカソンでの成果物はすべてオリジナルかつ、他への使用許諾をしていないこと、またその交渉過程にない作品に限ります。参加者は、入賞の発表・表彰式が終了するまで、成果物が参加者のオリジナルかつ成果物にかかる一切の権利を有することを保証するものとします。
(2)参加者は、以下各号に該当するような作品を成果物としてハッカソンで発表してはならないものとします。なお、これらに該当する成果物が発表された場合、主催者は参加者の承諾を得ることなく、当該成果物を選考から除外します。 ①主催者、出題企業その他第三者の肖像権、パブリシティ権、著作権等の知的財産権その他の権利を侵害する又はその恐れのある作品
②わいせつな表現・内容を含む作品
③法令に違反する又はその恐れのある作品
④公序良俗に反する表現・内容を含む作品又はその恐れのある作品
⑤その他主催者が不適切と判断する作品
(3)成果物の全部又は一部の著作権その他の権利が第三者(原作者、著作者等を含み、これらに限定されない)に帰属する場合、参加者は成果物の発表に関して当該第三者から承諾を得てください。成果物に関して第三者からの権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求等の紛争が生じた場合には、参加者の責任と費用負担においてこれを処理し、主催者が被る損害を賠償していただきます。

<損害賠償>
参加者が本留意事項に反して主催者等に損害を与えた場合、損害賠償の責めを負う場合があります。

<公開>
主催者及び共催者、参加者、協力者は、成果物について、ハッカソンに関する告知、プロモーション、運営、成果報告、その他コンテストに関連する目的のために必要な範囲で、Webサイトおよび各種メディアへの掲載等、利用することができるものとします。また、主催者は、受賞作品について、受賞者の氏名を公表することができるものとします。参加者はこの利用及び利用について対価の請求はできません。

<責任>
(1)ハッカソンへの参加は、参加者の自己責任でおこなうこととします。ハッカソンへ参加に関連して参加者が被った損害について、主催者及び共催者、協力者は、責任を負わないものとします。
(2)主催者及び共催者、協力者は、ネットワーク上のトラフィックの混雑、障害、コンピューターウィルス、電子的な送信エラー等による操作、伝送等の遅延、中断、障害等に関して責任を負いません。また、応募作品の窃盗、破壊、不正アクセス、改ざん、あるいはソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク等の障害、不具合等についても責任を負いません。これらの事態が発生し、また発生する恐れがある場合、主催者及び共催者、協力者は、コンテストを延期、変更、中止させることがあります。

<その他>
主催者は、ハッカソンの実施、内容、スケジュール等を予告なく改訂、追加又は変更することがあります。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

ASCII

ASCII published PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー.

05/10/2024 10:02

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー を公開しました!

Group

ASCII STARTUP

Number of events 26

Members 2724

Ended

2024/06/15(Sat)

09:50
2024/06/16(Sun) 19:30

Registration Period
2024/05/10(Fri) 10:00 〜
2024/06/16(Sun) 19:30

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Organizer

Attendees(100)

Yukito-Ishimori

Yukito-Ishimori

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー に参加を申し込みました!

Hayato Toyoda

Hayato Toyoda

I joined PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー!

Misola

Misola

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー に参加を申し込みました!

JL

JL

I joined PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー!

yusa-san

yusa-san

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー に参加を申し込みました!

None

None

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー に参加を申し込みました!

うめねる

うめねる

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー に参加を申し込みました!

くろにゃんこ

くろにゃんこ

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー に参加を申し込みました!

みのわ

みのわ

PLATEAU Hack Challenge 2024 for ルーキー に参加を申し込みました!

Attendees (100)

Canceled (12)